読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆらゆらら

絵日記のような

家で出来る おもしろい イタズラ

雑記

スポンサードリンク

こんにちは!

皆さんは、イタズラをしたことがありますか?

イタズラって楽しいですよね!

私は、そんなに頻繁にやるわけではないですが、今日の夜にお母さんに仕掛けて、結構楽しかったので、紹介します。

 

イタズラを思いつい経緯

今日の夜ご飯に、

さくらんぼとサラダが用意されてたんですね。

 

そのサラダに、プチトマトがのっていました。

感の良い人はもうお気づきかもしれませんが、

 

さくらんぼとプチトマトって、

似てますよね。

こちらが、その時の写真です。

f:id:kitayama_eriko:20160703175057j:image

どっちがさくらんぼか、わかりますか?

比べたらわかると思うのですが、普通にサラダ単品で見ると全然わかりません。

ちなみに、左がさくらんぼです。

 

取ったさくらんぼのところに、プチトマトをいれます。

f:id:kitayama_eriko:20160703175326j:image

見えないように、下に入れました。左下

違和感がありますが、さくらんぼのヘタは全部とります。

ついてたら、ばれてしまいますからね!

 

はい!準備は、できました!

今回のイタズラは、

さくらんぼとプチトマト入れ替えドッキリです!

 

反応とやってみた感想を、星5段階で表すと

  • イタズラの手軽さ  ☆☆
  • 成功度                    ☆☆☆
  • 反応の楽しさ         ☆☆☆
  • 被害者のストレス ☆

このように、なってます。(自己判断)

 

1つずつ見ていきましょう!

 

イタズラの手軽さ  ☆☆

さくらんぼが、家に絶対ある常備品ではないので、買わないといけないという意味で☆2にしました。

物を使わないイタズラではないので、手軽に出来るって感じでは、ないですね。

 

成功度   ☆☆☆

お母さんの前に、姉が先に帰って来て、お母さんに出すはずだったさくらんぼを姉が食べてしまったんですね。

ですが、姉は普通に、

さくらんぼとトマトが入れ替わってることには気づいたけど、それをドッキリとは思わずお母さんが、

さくらんぼが1つ足りなかったから、プチトマトで代用したんやろなぁって思ったらしく、何の反応もなく、食事が終わってしまっていました。

つまり、失敗してしまいました。

 

急いで、自分が食べるようだったプチトマトをお母さんのさくらんぼの所にいれて、再びチャレンジです。

 

姉にも、その時イタズラの事を話して、2人でお母さんを見守ってました。

 

ですが、果物とサラダって最後の方に食べるじゃないですか?

 

なかなか気づいてくれなくて、30分くらいたってやっとサラダに手をかけてくれました!

 

その時に、姉が時間も経っていましたし、違うことに集中していたので、私は、突然立ち上がり、メモを取って、姉がいる所に行き、無言で紙を渡しました。

その時の紙が、こちら

f:id:kitayama_eriko:20160704222153j:image 

その突然の不自然な行動を見て、お母さんが不思議そうな顔をして、自分の周りを

確認しだしてしまいました。

 

じゃあ、案の定

なにこれーーーー笑!!

と食べる前に、気づいてしまいました。

またしても失敗です。

 

私は、ダブルで失敗してしまいましたが、

気をつければ、成功する確率の方が高いイタズラだと思うので、☆3にしました!

 

注意点としては、

  • 先にサラダを食べてもらえるように、祈る
  • 不自然な動きをしない。

以上です。

果物は、最後に食べる人が多いので、ほとんどの人が先にサラダに手をかけてくれると思います。

サラダを食べ出しても慌てず、普通のフリをしましょう!

これで、いけるはず!?

 

反応の楽しさ  ☆☆☆

声を上げるような驚きとかじゃないので、

爆笑するような反応が返ってくることは、ないと思いますが、普通に小さなイタズラとしては、楽しいとおもいます。

私は、失敗してしまいましたが、それでも楽しかったので、どっちに転んでも、楽しめるのではないかと思います。

 

被害者のストレス  ☆

私のお母さんは、笑ってくれましたが、この話を友達にしたら、

「お母さん、かわいそう笑」と言われたので、そう感じる人もいると思うので、そこは判断して、やりましょう!

 

まとめ

イタズラするのは、好きだと思う人にしか、しないと思うので、やってる方からしたら愛情表現だと思いますが、やられてる方は、そう感じない時もあるかもしれません!

時と場合、人を見極めて、やりましょうね!

 

おわり

広告を非表示にする